FC2ブログ

『創価学会から日本奪還!』はまた削除されるのか?


【ニコニコ動画】【不当削除反対!】創価学会から日本奪還!【増殖支援うp】
↑私が作った『創価学会から日本奪還!』が削除されたので、その再うpがされています。
このことについては、すでにご存知の方も多いかと……

他にも支援うpがどれくらいあるか確認しようとしたのですが、『創価学会から日本奪還』でググって見ると予想すらしなかったものが目に飛び込んできました。
それは「違反動画の報告」というページです。上記の動画の違反動画の報告ページが検索に引っかかったのです。

創価学会から日本奪還
↑ ここクリックでググったページが出ます。私の時は7ページ目にありました。

創価学会から日本奪還 違反動画
↑ これだと、1ページ目に出てきました。

今までの動画では、動画タイトルで検索しても、このような通報サイトに繋がることはなかったのですが……私の知る限りですけどね。
なぜ、今回に限りこのようなページに繋がるのでしょうか。
おそらく、たくさんの人が開いたページだからなのでしょう。
最初に私自身が投稿した「創価学会から日本奪還!」の時も、大量の削除要請でもされていたのでしょうか。

要請がたくさんあったからといって、消されるとは限らないでしょうが、ないよりは消されやすいかもしれませんね。
この動画は今後も注視していく必要があります。
ちなみに、最初の動画は約1週間で消されました。参考までに。

『創価学会から日本奪還!』がニコニコ動画で削除されました。


http://www.nicovideo.jp/watch/sm3234458
↑削除された動画

可能性の一つとして考えてはいましたが、まさか本当にあるとは、というのが正直な気持ちです。
何も理由がないのに削除……
そこまであからさまな悪意に満ちた削除は出来ないだろう、という甘い考えでした。
普段は、削除された動画は、「権利者からの申し立てにより……」などのような動画が表示され、fooさんの笛が流れるのですが、今回はそういった削除理由が示される動画すらありませんでした。
一応私のところに「利用規約違反」という感じのメールが届きましたが、対外的には何も示していないということです。
(詳細な理由はメールにもない)

頭がパーンなどと違い、肖像権で引っかかることもないでしょう。
完全オリジナルなので、著作権で引っかかる余地も当然ありません。
音楽は使わせていただいても問題ないものに限っております。
見ていただいた方は分かると思いますが、誹謗中傷目的でないことは明白です。
このような動画をなぜ削除したのか……

もし、ニコニコ動画が削除理由を公表する場合に、考えられる建前上の理由としては
①アニメカテゴリに入れてたから
②コメントを促すように感じられたから

などが考えられます。

しかし、どちらも不当な理由です。
というか、ここに上げた理由では消せないように考えて作ってありましたので。

まず、①アニメカテゴリに入れてたから、について

アニメカテゴリというのは本来何を置くために作ったのでしょう?
放送されているアニメの丸上げのためでしょうか?
MADのためでしょうか?
違うはずですよね。あくまで「アニメ関連」としか言えないはずです

というのも、丸上げを容認できるわけがないのは言うまでも無いですが、MADですら一応違法です。
私は以前にも書いたようにMADは容認派です。
しかし、一応違法なのです。
もし、丸上げとMADでしか使い道のないカテゴリの存在を許すとなると、違法でしか使えないカテゴリということになります。
そんなカテゴリ許されるでしょうか? だからこそ、アニメ関連と広義にしか言えないはずなのです。

自作アニメがあるじゃないか、と言うかもしれません。
しかし、キャラも借りれば違法、音楽を借用すれば違法、こんな状態の中、完全なる自作アニメを合法的に作れる人などごくわずかです。
そういう限られた人達にしか合法的に使えないのがアニメカテゴリということでしょうか?

私はだからこそ、アニメカテゴリは広義のアニメ関連ととらえていました。そうでないなら、どう考えても違法推奨カテゴリになってしまうからです。
そのために、私は動画の中で
『図書館戦争』
『雛見沢(ひぐらしのなく頃に)』
のようなアニメの内容を絡ませたのです。
確かに、薄い繋がりかもしれません。

しかし、こういったアニメとの薄い繋がりをアニメカテゴリとして許容できないのなら、先ほど書いたように違法推奨カテゴリでしかないのです。
よって、アニメカテゴリが削除理由とされるのであれば、アニメカテゴリは違法行為をするためのカテゴリとしか言えません。そもそも、今までこの理由で消されたことはありませんでした。

次いで、②コメントを促すように感じられたから、について

私は、この件で削除対象とされる可能性はあらかじめ考慮してました。しかし、以下の動画を見てください。
【ニコニコ動画】ボタン連打で全裸の女の子を助けよう! コメント総合6位 270万コメ
【ニコニコ動画】wwwwwwwwwwwwww コメント総合20位 117万コメ

どちらもコメントボタンが大量に置かれ、それ以外に内容がほとんどない動画です。(内容がないというと失礼ですが……)
コメントを大量にさせることこそがメインの内容の動画なのです。
これが許されていて、今回上げた動画が許されないということはありえないだろう、と前もって確認の上、【米100万で】とつけたり、ボタンを付けたりしています。
よって、②の理由で削除した、と運営が公表したならば、それは暗に、裏で何らかの圧力があったことを示すことになります。

これらのことから、①②での削除理由はいずれも不当なもの、と言わざるをえません。

他にもなんだかんだ理由を付けようと思えば何でも出来るでしょう。
利用規約を見ても、運営の主観で自由に消せるようになっていて、それに対してこちらは従うしかないようになっています。

しかし、規約に沿った措置だとしても、利用者の大多数が納得してくれるかどうか、はまた別の話です。
どんなに建前を並べても、今回の動画で削除という措置は異常としか言えません。
そうなるように考えて作ってありましたので……。
この件が今後にどう繋がるのか非常に楽しみであり、同時に日本の現状に多大な危機感を覚えました。

皆さんも、今回の削除の件を決して忘れないで下さい。

創価学会のレッテル技術


今、2chやニコニコ動画は創価学会にマイナスに見えますが、それは表向きです。
むしろ、明らかに創価学会に有利な情報が多いのです
なぜかというと、創価学会の危険性が伝わる情報よりも、「創価学会が嫌いだ!」というニュアンスの方が強く押し出されているからです。
毛嫌い』というやつですね。この『毛嫌い』的な雰囲気こそが、創価学会にとって利益となっているのです。

皆さんは『創価アレルギー』というような言葉を見たことがありませんか?
誰が作ったかは知りませんが、この言葉は非常に危険です。
というのも、『創価アレルギー』という言葉は、私達に対するレッテルに他ならないからです。
アレルギーという単語を聞いて、皆さんは創価学会の危険性をイメージすることが出来るでしょうか?
この言葉から読み取れる意味としては、「創価学会は確かに一般的には受け入れがたい雰囲気はあるな」程度のものなのです。
無宗教者が多い日本において、このイメージは、まるで批判している側がいじめているかのような印象を与えてしまいます。価値観の相違で片付けられかねません。
現に、そのような印象を持ってしまっている人は多々います。


少し話は変わりますが、中国の天安門事件の時、中国人の政府に対する不満は相当なものでした。だからこそ、あのような事件にまで発展したわけです。
それから何年たったでしょうか? たった19年です。
たった19年で、反日教育を強化し、多数の中国人は現政権をある程度認めてしまっているのです。本質は何も変わっていないのにです。
当然憤りを感じている人もいるでしょうが、埋もれてしまっています。

このような現象が今の日本に起こっているのです。マスコミ工作の成果と言えるでしょう。
本質的な問題点が一切報道されなくなり、世間から聞こえてくる声は『創価学会はやばい』『勧誘しつこい』程度のものばかり。
このような状況が、創価学会の『脅威』を『毛嫌い』という方向に意識修正することとなり、結果として問題視されなくなったのです。
もし創価学会をあからさまに認めさせようとしていれば、当然失敗していたでしょう。しかし、創価学会の痛手にならない程度のマイナスイメージである『毛嫌い』に誘導することで、知らず知らずの内に創価学会の存在を日本が容認するようになってしまったのです。
この『毛嫌い』に誘導している原因として最も大きなものが、ネットなのです。


ネットでは巧みなレッテル張りが横行しています。誰がやっているのか、ただの2chネラーがたまたま書いているだけなのか、は分かりませんが、結果として創価学会への問題意識を希薄化させるような言葉が多々あります。

以前2ch政治板に
ネトウヨ「中国が攻めてくるぞー!」
というスレタイのスレがありました。

中国の脅威を真剣に訴えている方がバカに見えてしまいかねない危険なスレタイです。
攻めてはこないかもしれませんが、日本を我が物にしようとする意思は確かに存在するのです。誰が作ったかわかりませんが、このスレタイもレッテルなのです。

また、ネット右翼という言葉。
「荒らし」「煽り」などの意味で使われることが多いです。
なぜ右翼という言葉と、「荒らし」などとを一緒にする必要があるのでしょう。明らかに悪意に満ちたレッテル張りと言えるでしょう。
ちなみに、ネット右翼をこのように定義付けしたのは朝日新聞のようです。

主に、創価、中国、在日、売国議員、マスコミを批判してる人達を対象として使われますが、明らかに日本国民の不利益となる事に批判するのは、一般的な国民であれば当然であり、その当然のことをしただけで『右翼』とくくるのもレッテル張りと言えるでしょう。


他にもレッテルはたくさんあります。注意して見ていれば絶対分かるはずです。
このようなレッテル張りがネット上で横行してます。これらのレッテルが、日本人が今持つべき意思、反対する意欲を削いでいるのです
レッテルくらいで意思が変わってしまう人なんていないのでは? と思うかもしれませんが、そんなことはありません。
あまり深く物事を考えない人は、単語や単文のイメージだけで物事に対する印象を決めてしまいます。そこから先の思考がストップしてしまうことも多いです。
現に、マニュフェストのスローガン的なものだけで、投票する政党を決めている人が相当いるはずです。
あまりこういうことは言いたくはないですが、民主主義国家においては、無知層や政治に興味のない層をいかに取り込めるかで勝敗が決まります。
ようするに、レッテルというのは非常に効果が大きなプロパガンダなのです。
侮ってはいけません。

創価学会も学会員に対して、「創価学会に反対している奴は、嫌中の右翼だ」などと言っている、という話もあります。(真偽は分かりませんが)
どちらにしても、あれだけの規模の信者を、多数のバッシングを受けるなか、まとめてきているのですから、レッテル技術は世界最上級と考えておくべきでしょう。

それでは、どうすればいいのか……
どうすれば、レッテル張りに対向できるのか……
どうすれば、言葉のイメージだけで物事を判断してしまう層を味方にできるのか……

この辺は、創価学会から日本奪還!の4章とか参考に考えてみてください。





創価学会・公明党の問題点などリンク集


このブログが削除されたら、このZIPの中身を自由に転載・再配布してOKです。
(ご利用方法は中身に書いてあります)
非常用・引用用ZIP key:はるひこ ←こちらまで削除されていたようです。
非常用・引用用ZIP KEY:はるひこ ←うpしなおしました。


このページは、動画『創価学会から日本奪還!』で使った参照サイト・ソースを中心にまとめております。しかし、それ以外のも多少まぎれています。


○沖縄ビジョン解説動画
民主党の危険なビジョンです。日本が中国に飲み込まれてしまいます。

○言論出版妨害事件
妨害された側の出版社代表が語る
歴史改竄で故人「藤原弘達」まで鞭打つ「創価学会」 【週刊新潮】
公明党の図書館への圧力


○日本共産党・宮本顕治宅電話盗聴事件
共産党・宮本議長宅電話盗聴事件を検証する 
創価学会による被害者の会

○月刊ペン事件
「月刊ペン」事件 埋もれていた真実
書籍の一部が乗っているサイト
月刊ペン事件・最高裁判決のおさらい

○東村山市議怪死事件
「怪死事件」の東村山市で公明市議らが認可保育園妨害工作
あまり事件とは関係ない記事ですが、上段だけ読むといいかも
検証―新事実が明らかになった「東村山事件」
事件の流れがある程度詳しく
検察内部の創価人脈
この事件のところで書いた、検事2人ともが創価学会であったことの証明
公明らの戦前並み「発言取消し」要求ついに破綻!
「殺害」などの発言を会議録から削除させる公明党
東村山市民新聞 第142号(2005年10月31日
時効が迫ってきています
東村山女性市議怪死の担当検事は創価学会員
この事件の検事に関して詳しく書いてあります
国民新聞の記事
関係してるのは、下段だけです。
東村山市民新聞
元東村山警察署副署長と矢野市議との判決正本
アザはなかったと言い続けた
「東村山 朝木 裁判」でググると、背筋が凍りつきます。←ここクリックでググられます


○麻薬パナマ
オウム事件の本番
池田大作は1兆円の資産は、NYとブラジルに振り分け
インターネット行政調査新聞
小沢一郎氏と池田大作氏とノリエガ将軍の三角関係
『アメリカ殺しの超発想』が引用されてる こちらも同じく
創価学会の麻薬ビジネス
パナマ麻薬関連は同じような記事が多いです。




学会集票マシーンの実力
公明党がどう自民党を操っているか……そのヒントが




このページは編集中です。
これも出版妨害された本のようです。

創価学会のレッテル技術(5/11の当ブログ記事)

創価学会から日本奪還!


このブログが消されたら、このZIPの中身を好きなだけ転載・再配布してOKです。芽を絶やすことの無いようにしたいので。
(ご利用方法は中身に書いてあります)
非常用・引用用ZIP key:はるひこ  ←こちらまで削除されてたようです。
非常用・引用用ZIP KEY:はるひこ ←うpしなおしました。
あくまでも、消された場合の話ですが、一応DLしておいて下さい。DL数が楽しみですね。

参照サイト・ソースのページはこちら

youtubeは放っておくと絶対伸びないので、ニコニコ勢で勢いづけてあげてください。↓②にて
報道要請は皆でやりましょう。↓③にて

これが出版妨害された本です。1969年の本ですが、現状を的確に……らしい。

動画1~3章はこちら(当ブログ内)youtube版もあります
動画の続き↓ 
4章 阻止するには

①危機意識を国民が共有
多くの人は、『創価学会は勧誘がしつこい』『創価学会は怪しい宗教』程度にしか思っていません。マスコミに代わり、皆で教えあわなければいけません。
悪い例
「マジでやばいんだって! このままじゃ日本は終わる!」→被害妄想が強い危ない人と思われてしまって終わり。
「○○氏ね」「キチガイ集団」など暴言・誹謗中傷→ただ毛嫌いしてるようにしか見えない

しっかりと様々な情報を収集し、『冷静に』『具体的に』日本の現状を伝える必要があります。
内容が内容だけに、中国のことも、創価学会のことも、しっかり理論武装をしなければ「妄想激しすぎ」と一蹴されるでしょう。要勉強です



②どう知らせる?
多くの人に知らせるためには、youtube・ニコニコの動画を、両方ともageるのに協力してくれるのがてっとり早いです。
特にyoutubeは放って置くと誰も見ません。(今までの経験上)しかし、再生が伸びれば、たくさん見られるようです。(ニコニコより再生格差が激しい
youtubeユーザー ←→ ニコニコユーザー 相互に行き来 
 5つ星評価        マイリスト登録
出版以上の効果が見込めます。この動画なら数十万人に見てもらうことが可能なはずです。ご協力よろしくお願いします。再生数稼ぎとか、そういう俗な発想ではありません。というか、そんなこと言ってる場合ではありません。
彼らは批判本の出版妨害をするくらいです。独裁・全体主義の国は、どこだって言論弾圧をし、批判を封じ込めます。それだけ、世論というのは恐ろしいのです。逆に、我々からすれば、大きな武器になります。
どうかyoutube・ニコニコ両方の動画をageて下さい。特に、ニコニコ側からのyoutube支援は重要です。

ニコニコ動画→【米100万で】創価学会から日本奪還!【累計再生50万ヘ】アニメも
(5/14追記:ニコニコ版は削除されてしまいました→詳しくはこちらの記事
YouTube↓
【再生20万で】創価学会から日本奪還!【ニコニコで不当削除】part1
【再生20万で】創価学会から日本奪還!【ニコニコで不当削除】part2
【再生20万で】創価学会から日本奪還!【ニコニコで不当削除】part3
両方の支援をお願いします。
(5/9追記:youtubeの「お気に入り」と「評価」がすごいですね。「評価」に関してはトップです。)


③報道要請をする習慣を付ける(丁重に)
特に外国人参政権と人権擁護法案の問題点。
創価学会と公明党の問題点。
外国人を大量に受け入れようとしているが、その問題点。
実際に要請するときは、もう少し具体的に、要点絞った方がいいと思いますけど。

http://nipponsaisei.air-nifty.com/sakura/2005/01/post_55.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315942148
某団体が猛烈に抗議電話をするから、そういう内容を避けて番組を作る、又、タブーが生まれる、ということがあるわけですから、逆も然りでしょう。
しかし、某団体の真似をしてはいけません。圧力をかけるわけではないのです。
ちゃんと大儀がこちらにある要請をしましょう。我々の主張は、明らかに公益のためなのです。某団体と違い、我侭ではないわけです。
そもそも、日本を支配しようとしている創価学会について、真剣に報道しないのは、国民を裏切る行為ではないでしょうか。
池田大作名誉会長は、最高権力者になる、とも言っているわけです。
自分達の支配者になるかもしれない組織を、もっと知りたい、と思うのは当然の欲求であり、民主主義国家においては当然の権利です。

日本民間放送連盟 放送基準
6章 報道の責任 †
(32) ニュースは市民の知る権利へ奉仕するものであり、事実に基づいて報道し、公正でなければならない。

日本民間放送連盟HPの放送倫理より引用

国民生活に重大な影響を及ぼす巨大宗教を報じないのは、明らかにこの報道の責任(32)に反します。
長い年月をかけて計画的に警察などと癒着をし、全国民の身近なところまで入り込んでおいて、報じるほどのことではない、などという言い訳が通用するはずがありません。
このことは、外国人参政権・人権擁護法案・外国人大量受け入れ、すべてに言えることです。

では、報道要請をしましょう。
もし、上記のような理詰めで言って、電話に出た社員が答えられないようなら、答えられる人に代わってもらいましょう
ニュースは国民の知る権利への奉仕のはずなのに、『人権擁護法案』『創価学会』『中国に乗っ取られるリスク』を、なぜ報じなくていいと思うのか。思わないなら放送する予定はあるのか。
納得できる説明を出来る人が出てくるまで代わって貰わないと、曖昧な答えで受け流されて終わってしまいます。

注意点
・最初に「お忙しい中、申し訳ありません……」と低姿勢で入る。
・感情的にならず、報道すべきと思う内容を「正論で」「明確に」「丁寧に」要請する。
・なぜ、その報道が必要か、を説明出来るようにしておく。
・ふざけたり、迷惑電話と思われるような言動は厳禁。
・自己責任でお願いします。私は管理者ではありません。

以下は、あくまで参考にです。
○フジテレビ

本社
〒137-8088 東京都港区台場二丁目4番8号 03-5500-8888(大代表)

フジテレビHP 会社概要より引用

基本方針
2. 自主自律・不偏不党の立場を堅持し、公正と言論・表現の自由を守り、真実の伝達と品位ある放送の確保につとめる。

フジテレビHP 番組基準より引用

『公正』『真実の伝達』。このような基本方針であれば、正当な主張なら聞いてもらえそうですね。
『自主自律』であれば、圧力に屈してタブーを持つことなんて許されないはずですね。


○日本テレビ

皆様からの番組や日本テレビ全般に関するご意見・ご感想・ご要望等は
下記の視聴者センター部へ、お寄せ下さい。
∇お電話でのお問い合わせ
TEL: 03-6215-4444 視聴者センター部
受付時間: 午前8:30~午後10:30

日本テレビHP>ご意見・ご感想 より引用


(2) 誠意ある対応
私たちは、視聴者・国民の意見、批判に誠意をもって対応し、誠実なコミュニケーションを通じて、一層の満足と信頼をいただけるよう努めます。

日本テレビHP>企業情報>コンプライアンス憲章>行動憲章 より引用

誠意をもって対応してもらえるようなので、安心して電話が出来ますね。



④投票率を上げる
ニコニコ動画は47%が20代、18%が30代なので、選挙権を持っている人がたくさんいます。
(10代は27%)
youtubeはもっと年齢層が上。
選挙に行かないということは、公明党に投票するのと同じです。公明党の票は安定してるので……。
投票率アップには、ネット投票制度導入が効果的ですが、以前公明党に潰されてます。

未成年者は、友達に周知徹底してください。一人暮らし直後が最もカルトに入りやすいので、未成年者に情報が広まらなければ、入信者を減らせません。これを出来るのは未成年者だけです。

⑤何党に投票?
私の主観は一切含めず、売国したくない人に共通する点だけを書きます。番号は優先順位です。
①投票に必ず行く。
①公明党には絶対入れない。
②誰が悪法に賛成してるかを必ず調べ、売国奴を落選させる。
③安易に民主党には入れない。②の注意がもっとも必要な政党。(民主勝利で2大悪法が……)
今の自民党に不満があるのは同感ですが、総体革命を阻止することができるのは、現時点では自民党の保守勢力だけ。
自民党の売国奴や公明党に頭が上がらない自民党員を落選させて、残った自民党でがんばってもらうしかありません。残念なことに、他に選択肢がありません。
自民がダメだから民主で、と考えてる人は、外国人参政権と人権擁護法案に賛成しているのと同じです。(沖縄ビジョンも)
マスコミの世論操作に乗せられず、『長期政権』というレッテルや、他の争点に惑わされてはいけません。一番の争点は、マスコミがどう書こうと、2大悪法です。
”自民党がいいか悪いか”の短絡的2者択一はダメです。


⑥レッテル張りに惑わされない。
ネット右翼
中2病
ネットの情報を鵜呑みにするバカ
見えない敵と戦ってる。陰謀論。

日本人が日本の国益・安全を考えるのは当然のことです。それには右も左もありません
また、陰謀論どうこうではなく、すでに目の前に迫っている危機です。主権を奪われてからでは、何をしても遅いのです。


⑦創価学会を誹謗中傷してはいけない
なぜなら次のように教えられているからです。

勝つか負けるか。やられたらやりかえせ。
どこまでもしぶとくいくんだ。
なんでもいいから、言い返すんだ。
こわがったり、ひるんだりしてはいけない。怒鳴っていけばいいんだ!
反逆者には『この野郎、馬鹿野郎』でいいんだ!
(埼玉指導での池田大作発言・平成一年三月十二日)

「口八丁手八丁でよ。なんでもうまくやるんだ。社会だって方便を使っている。共産だって目的のためならみんな謀略じゃないか。一般社会だって利益のためならあらゆる手段をつかう。うちは信心のため、信心を守るため、学会を守るためだ。」
(扶桑研修所での池田大作発言・昭和五十一年六月一日)

(創価学会・公明党の本音)

ようするに、学会員に対して批判をしても、あまり効果が無いようになっているのです。
これでは何を言っても火に油です。
だからこそ、冷静に具体的に発言していくのです。
これらのことを皆が理解し実行したならば、今以上に日本の危機的状況が認識されることでしょう。皆が知ること。それが日本奪還の大前提なのです


⑧終わりに
おそらく、これからの現役世代は、在日・韓国・中国・創価学会などから、日本を守る戦いを避けることは出来ないでしょう。
残念ながら、ここ数十年の平和な時代は、あと数年で終わります。
彼らは、シロアリの如く勢力を広め、確実に日本内部に浸透しています。これは、一朝一夕で拭い去ることは、もはや出来ないでしょう。
日本を守るため、どうか現実から目をそらさないで下さい。覚悟を決めてください。
相手は、常に全力なのですから。



注:在日、韓国人、中国人、創価学会などに対して差別的な感情は一切ありません
ただ、明らかに日本人にとって不利益になることに反対しているだけです。
差別解消のため友好のため、と唱えれば、日本人に不利益を押し付けていいわけではありません。

敬称略


コメ100万! 累計再生50万!


創価学会のレッテル技術(5/11の当ブログ記事)
4章を読んだ人はここも↑