スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに動いた、民主党! 民主・公明連立に向けて……


私が作った動画『創価学会から日本奪還!』を見ていただいた人はご存知の通り、民主・公明連立は『考えすぎ』でも『妄想』でもない、と私は主張してきました。
これこそが創価学会の総体革命なのではないか、とすら思います。

次の記事を見てください。

民主党:公明との連立も 次期衆院選後の枠組み 毎日jp(毎日新聞)

民主党の赤松広隆選対委員長は08年5月19日に、次のように発言。

「自民党が政権を失えば公明党はくっついている必要はない。(政権交代の)1、2年後に、民主などと連立するのも選択肢の一つだ」

毎日新聞の上記記事より引用

まだ可能性を示唆するに留めていますが、後を見据えてジャブを入れてきたと考えていいでしょう。
これは、とんでもないことですよ。
ゆっくりと、それでいて着実に、中国による日本支配が実現しようとしているのです。
このわずかな動きからも、危機感をしっかりと感じ取れなければ、気付いた頃にはもう遅いのです。


それにしても、もっと奇襲的に攻めてくるかと思っていたのですが、意外と早い段階から布石を打ってくるようです。
ただ、逆に考えれば、民・公連立の可能性を国民に広く認識してもらった方が、選挙では有利な気がしますね。
後は、解散前に麻生総理にして支持率を回復できさえすれば……

ちなみに、自民党内にも売国奴は結構いるので投票の際は要注意。政党ばかり見てはいけません。


祖父・吉田茂は、私が幼い頃、よくこんなふうに語っていた。
「日本人のエネルギーはとてつもないものだ。日本はこれから必ずよくな
る。日本はとてつもない国なのだ」----。

左側より引用


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。