スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民に知れ渡るのか? 東村山市議怪死事件


創価学会から日本奪還!で取り上げた、東村山の市議会議員である朝木市議の怪死事件。
この事件は、絶対に記憶を風化させてはいけない事件です。だからこそ、私も動画で取り上げました。
しかし、すでに10年以上経っているので、もはや表舞台に上がることはないかもしれないな、という気持ちも正直ありました。
そんな中、次の動画を見てビックリしました。なんと、瀬戸さんらが警察官から
「私達は犯人を3人特定していた。しかし検察から圧力を受けて捜査を断念せざるをえなかった」という趣旨の情報を得たようなのです。
動画の前半で、この件につき瀬戸さんが発言しているので、見てみてください。



これはとてもすごいことだと思います。
本当に犯人逮捕に繋がるかもしれないのです。時効まであとわずかですが、それまでに真実を解明出来るかもしれないのです。
そして、この動画の影響もあってか、支援うpされた創価学会から日本奪還!がまたランキング上位に位置しています。



このように、情報はどんどん広まり続けています。もはや、誰にも止めることはできないでしょう。

私が最初に創価学会から日本奪還!をうpしたのが5月8日です。
その動画は1週間ほどで削除され、再生数は6万ちょっとでした。
YouTubeにも上げてますが、そちらはpart1が86491、part2が21915、part3が20368です。こちらはまだ健在です。
他にも、ニコニコではコピー動画が何度もアップされているので、総視聴者数は相当な数に上っているでしょう。
さらに、初回うpから3ヶ月以上経過してなおランキング上位に位置づけている現状は、今後の進展に期待を持たせてくれます。
どのような形になっているかは分かりませんが、1ヵ月後、1年後になっても、このように情報拡散は続くでしょう。
それを続けていくのは、”誰か”ではなく、私や皆さんに他なりません。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。