スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MADを消せば消すほどDVDが売れなくなるという罠


タイトルに違和感を覚えた人もいるでしょう。
わかりにくいタイトルかもしれませんが、最後まで読んでいただければ分かります。


『らき☆すたの例があるし、著作権侵害に容認姿勢を出した方が売れるんじゃね?』

こういう意見を聞いた場合、皆さんはどう思うでしょうか。
この時に必ず出てくる反論が
『少数の例を持ち出して全体に当てはめようとするな』
というものです。
確かにこれは正論だと思います。しかし、この論理には罠があるのです。
それは……

もともと勝ち組は少数派

ということです。
もともと少数の勝ち組と多数の負け組に分類される競争世界にいる以上、少数の事例だから他のものは当てはまらない、と一律に言ってしまうのは問題があります。
では、少し具体的な話をしていきたいと思います。

らき☆すたがMAD容認姿勢なのは周知の事実ですが、確かにMAD容認戦略が必ずうまく行くとは限りません。
しかし、ここで考えるべきなのは、らき☆すたの戦略がなぜ成功したのか、ということです。
それは……
らき☆すたMADがやたら目につくからです。占有率の高さは異常とも言えるでしょう。
それはなぜでしょうか。ここが重要なのですが……

他のアニメのMADが消されやすいからなのです

それによって、らき☆すたが際立ちやすくなり、さらには他のMADが消されやすいということで、らき☆すたMADを作る職人が増えるという好循環が生まれました。
その結果、ニコニコ動画アニメカテゴリのタグ検索でのヒット数は、らき☆すたと涼宮ハルヒの憂鬱で1、2位となっています。(アニメごと)
MAD容認姿勢が広告効果を発揮する好例でしょう。

どこもそう上手く行くとは限らない?
はい、確かにそうです。
ただ、この少数の例であるらき☆すたの成功は、削除組が支援したようなものなのです。
消せば消すほど、らき☆すたが目立つのは事実ですから。

らき☆すたの成功要因は、他にもたくさん考えられますが、MAD容認姿勢がその一因であることも確かです。
であれば、MADを消せば消すほど、容認派のDVDが売れやすくなるのも確かなのです。
ここでタイトルをもう一度見てください。

”MADを消せば消すほどDVDが売れなくなるという罠”

これを見て
『らき☆すたを買うことで、他のアニメを買わなくなるとは限らないじゃないか』
と思う人もいると思います。
確かに、予算上積み派もいることでしょう。具体的には、らき☆すたを買わなければ2つアニメを揃えていただろう人が、らき☆すたのために3つ買うようにした人などです。
しかし、一般的には予算に限りがある以上、らき☆すたを買った分、他のアニメを買わなくなったという人もたくさんいるのです。
どんな業界にも競争があるのですから当然のことです。
(こんなこと書くまでもないのですが、一応……)

①②を踏まえれば、MADを消せば消すほど、容認派以外のアニメは売れにくくなることが分かります。
ですので、
『少数の事例だから他のものに当てはまらない』
のではなく
『少数の事例であるMAD容認戦略に、他社の戦略が敗北した』
と言うのが正しい表現です。
これからもずっとMAD容認派が強いとは限りませんが、少なくとも一つの成功例ではあります。

『MADは違法』
この恩恵を一番受けているのはMAD容認派なのかも知れませんね。どこも同じことをやりだすと旨みが減りますし。




※このようなことを書くと、”でも違法は違法”とか”人が汗かいて作った物を……”とか論点の違う攻撃をしてくる人がいるので、一応言っておきますが、あくまで客観的影響の話をしているに過ぎません。MADを認めるかどうかと、その事実は関係ないことです。
客観的効果を認めた上で、それでもMADに反対、という意見はありだとは思いますけど。
(私はMADは合法化すべきだと考えますが、それはまた後日)



テレビ局支配からのアニメ開放(当ブログ内です)

スポンサーサイト

Comment

恥かしい話ですが…

私のしてるとこ、見てくれる人いませんかぁ~?
報酬は払います(;><)
http://lppulu.net/wata-ona/9l9tf/

No title

全てお前の持論。ゆとり脳乙。

No title

MADを否定しなければならない最大の理由は曲使用なのではないかと思う。
消せるツールを持ちながら、有名曲にのったカッコいいMADを、販促材料として見逃すのは問題が残る。
このJASRAC問題を解決しない限り、MADは合法にならない。

販促としての一定の効用は俺もあると思う。
と言うよりMADは素晴らしい販促動画だ!!
ニコニコの市場が、一番の好例ですよね~w

曲に関しても販促になるのだから、曲側も見逃せばいい。
ダウンロードされると言うリスクはあるが、ダウンロードするような奴は、MADがなくても他でダウンロードする筈。
どちらかと言うと販促にもならない、そっちを取り締まればいい。
ダウンロード者は金を出す気はないので、取り締まれば市場が閉塞するだけだしな。
まあJASRACは権利者の事を考えて行動してる訳じゃないから、無理かなw

と言うわけでMADが販促になると言う好例を、ニコニコは提示し続けるしかない罠。
あと現在の法では犯罪であると自覚しつつも、好きな曲、好きなアニメ、好きなMADを広める為に覚悟を決めてMADを作る。そして消せと言われたら消す。
いつの日かMADは販促になると認められると、俺は思うから。

徐々に市民権は得ている。
すでに無視出来ないほどの人間が、MADを見て商品を買っている。
Tube等のこの流れを堰き止めれば、音楽業界の方が打撃を被るだろう。

アメリカでは宣伝効果として既に視聴率でなく、Tubeの再生数を重視し始めているのだ。
この戦いはおそらく勝てるものと俺は思う。

No title

とりあえず上三つの記事を読ませて頂いた感想を書かせて頂きますが、
此処まで来ると、もうただの釣りでは無いのかと疑ってしまうほどですね。

もう既にこれは貴方の持論でありただのエゴです。

それっぽい長文を書いて、低年齢層を味方につけても何の意味も無いことをそろそろ理解したほうがよろしいでしょう。

No title

そこまで大口叩いといて穴を指摘しないのはわざとですか?
持論(笑)エゴ(笑)決め付けだけなら猿でもできるw
それっぽい長文を書いてるのはお互い様ダネ!

No title

↑2つ目にコメント
持論を言うことが悪いのであれば演説はありえない
とりあえず事実を知ることには役立ってると自分は思ってる


↑1つ目にコメント
別にほかの人の持論を批判するのは悪いことではないと思ってる
しかし穴を具体的に指摘してないのは事実だから何とも言えない

これは自分の持論なんで気にしないほうがいいけど
こういうときはできるだけネット用語使わないほうがいいと思う

日本の芸術発展の土壌

その観点は無かった。
なるほど、理屈は通ってるし、数から見ても正しく思える。

そりゃそうだ、ニコニコという、オタクから小中学生まで集まる場で、メーカーがわざわざお金を払わなくても面白い宣伝動画を作ってくれる奴らがいる。コスト対成果(もちろんコストはタダ)が最高の広告となった訳だ。

そもそも著作権侵害=悪という誤った考えがあるが、
本来的な意味から見れば、著作者が「私は気にしませんどうぞご自由にお使いください」と言えば二次利用しても全く問題ないものだと思う。根本的な考えはね。
(今言うと、隣接権があーだこーだと言われるんだな。)

これから先どうなるかは、著作者から見れば、自分達が一番得をする方向で考えてゆくのかもしれないね。


ただ、俺が危惧するのは、日本の世界に類を見ない創造性をもった土壌を、
著作権でつぶしてしまう事。これが怖い。

ニコニコで良作のMADをつくり、もしくは小中学生ぐらいの年齢からそういうのに触れることが、「技術立国日本」「アニメ大国日本」を支えることになるんじゃないかと思うんだ。

おまえ何言ってんだ?って思われる人もいるかもしれないけど、これは大事なことだと思う。

音楽の素養がある人は、幼いころから良質な音楽に触れている。
物語の素養がある人も、幼いころから良質な物語に触れている。
そしてそういう人たちは、自分達の可能性を発表できる場を与えられて、伸びてゆく。

こういうことなんだと思うよ。

そういう将来を生み出す土壌を目先の損得の問題でなくしてしまっていいのかな、と個人的には思う。

No title

>>1>3>5>7>9>11>13>15>17>19>21 .┌───────────┐ttp://a.jp ttp://b.jp ttp://c.jp
>2>4>6>8>10>12>14>16>18>20>22.│ 2ch新名所「orzタワー」 .│ttp://d.jp ttp://e.jp https://
>2>3>5>7>11>13>17>19>23>29>31.├───────────┘http://a.jp ttps:// ttps://
>1>2>4>8>16>32>64>128>256>512 \●  目指せ容量落ち!!https:// ttps:// ttps:// ttps://
>1>4>9>16>25>36>49>64>81>ttps://    ●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_●| ̄|_>>8https://
   ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_http://l.jp

No title

MADの問題は曲なんじゃないかな?

アニメ制作側から見れば宣伝にならなくもないけど、音楽の作り手としては自分らの曲が勝手にダウソされるんだから、たまったもんじゃないよな~
どうにもビジネスの仕組みに問題があるとしか思えないんだが・・・

音楽なんて触れもしない、見ることも出来ないものを商売に使う時、CDの売り上げのみに頼るってのはいったいどうなんだ・・・
解決する具体案なんてないけどさ

アニメ制作側がMAD削除してるとかだったら狂ってるとしか思えんがな

No title

とりあえず明日の晩飯考えてくれ!!

No title

コードギアスはニコニコでよく消されるがハルヒとらきすたより売れてるんだが
そこはどうなんだ?

No title

なんかここら辺の問題は全部今の著作権法に問題があるとしか思えないんだよなあ

MADは著作権法で違法だけどさ
つまりMADに使用している映像、音楽には著作権があって、それをこの動画は侵害してるってことだろ?

じゃあ著作者が作った音楽は聴くだけの物ってか 

創作物ってのは二次利用があるからこそ面白いんじゃないのかなぁ
だのに、自分たちの作った音楽には著作権があるので、CD買ったら絶対に二次利用せず、聞くだけにしてください

その音楽がこんな映像と合わせたらなんか予想以上にマッチして楽しくなった、って言うのがMAD

ただただ音楽として楽しませるのは、著作者のオナニー

No title

コードギアス・・・TBS・MBS系10局、次の年には26局BSiにても放送
        今年は日曜夕方五時より放送。エンディング曲レンジ

らきすた・・・千葉テレビなどの独立UHF局を中心とした16局
        所によって視聴不可能
        エンディング曲 白石の意味不明な歌

他にも色々あるけどね。比べるのがどうかと思うよ。むしろらきすたはがんばってるでしょ。

No title

売れた作品はただ純粋に面白かっただけという可能性はどうなのでしょうか?
全てがMADの力ではないと思います。
マーケットを全て把握することは誰にもできません。

著作権は親告罪です。
許可を取れば犯罪にはなりません。
ですからMADが違法というのは正確に申しますと、
権利者が申し立てれば違法となる。という状態であるととらえてよいと思います。
ですからMADを認めるべきというあなたの主張はある意味正しい点もあります。
MAD動画が割りの良い宣伝になっている面も当然あるでしょう。
その効果と損失を考えて動いた企業が売り上げを伸ばすこともあるでしょう。
しかし、その損得を天秤にかけるのはあくまで権利者です。

MADを許さないというスタンスの会社もあるでしょう。
許すというスタンスの会社もあるでしょう。
そこら辺の筋引きは会社がそれぞれ規定すればいいことです。
それで売り上げが伸びようが落ちようが、それは会社の経営戦略によって引き起こされたもの。
私達が指図することはできません。
提案という形をとりたいのであれば、アニメ会社に直接掛け合ってみたらどうですか?
あなたの目の前にはパソコンがあるのでしょう?メールでも簡単にだせますよ?

そして、MAD合法化に関して、
MADを合法化するとして、あなたはどこからどこまでを合法とするのですか
MADということは二次創作ということですよね?
二次創作の配布を無制限に許可するとなると、
例えばDVDの最初にちょっとロゴを入れただけで、その作品は自分の二次創作として配布できてしまうことになります。

そうなると、どこからどこまでがMADなのですか?
例えば、原作に悪意を持ったような改変をして、ネガティブキャンペーン用のMADを作ったとします。

それを製作サイドが削除要請できないっていうのはおかしい話ですよね?

法律ではそのラインは判断できません。

結局は会社が一件一件対応していくしかないでしょう。

以上のことから私はMADに関しては「お目こぼし」という現状でよいと考えます。


権利は自分から振りかざすものではありません。
義務を果たしてから始めて与えられるものです。
そして、私達に会社の判断ラインをかえる権利はありません。

あなたのブログをみて会社がもしMAD容認派になったとしましょう。
するとどうなりますか?
MADは消されない。
らき☆すたのような作品も目立たなくなる。
結局みんな同じスタートラインに立つことになります。
購入する人の資金には限りがあるんですよね?
それでしたら今までと同じことではないでしょうか。

それと、どうせ勝つのは少数派、少数の勝ち組と多数の負け組みに分かれるといいましたが、
多数の勝ち組がでるような世界という可能性を考えることは出来ないでしょうか?

今回の理論ですと目の前にオタクの資金力というパイがあって、そのパイを各アニメ会社で分け合っているという理論ですよね?
完璧なゼロサムゲーム。
結果MAD容認派が伸びた。そういうことをいっているんですよね?

しかし、世の中にはパイが大きくなる、つまり購買層が増えるということも存在します。
つまりはファン層の開拓です。
ニコニコで知ってアニメを見るようになった。
それまでは絶対買わなかったという人もいる。それはあなたが言ったことではなかったですか?

ファン層が増えれば、それだけアニメ業界に流れ込むお金は増えます。
目の前のパイを取り合うよりパイを新しく焼きませばいい。
その流れになったときが一番良い状態ではないでしょうか。

あなたの理論にはその層が抜け落ちています。
結果MADを消せば消すほどDVDの売り上げが落ちるという理論は成り立ちにくい理論だと私は思います。

MADがファン層を増やしているということは否定しません。
しかし、その削除の基準を私達が勝手に決めるというのは、いささか横暴すぎるというものではないでしょうか?

No title

>ニート運送 #OARS9n6I
↑のコメが長文ってどんだけゆとり世代


まぁ色々閲覧者が議論してる間もブログ主はアフィでうはうはなんですけどね。

>なんか色々おかしなことを批判したりするブログ。その他思いのままに書くことにする
とりあえず自分のブログのおかしい所から批判していこうぜ。
それなら賛成してやんよ^w^w^w^w^w^

No title

みなさん乙カレー

No title

>じゃあ著作者が作った音楽は聴くだけの物ってか 

のレスの人、その疑問はもっともです。

現状の著作権制度のおかしさというのは、やはり間に立って入っている仲介業者に問題があると思います。JASRACですね。

著作者の意思≠JASRACの意思ということです。
お金儲けも絡んできます。

No title

「らきすた」と比べるべきアニメは「リリカルなのは」だな。

「なのは」は消されまくっている訳だが、それ以上に職人達が盛り上げている凄まじい例だ。
消さねばならない運営の立場も分かる。MADの功績も分かる。
だから今の現状を俺は意外と気に入っている。
動画を消される奴は多いが、誰も訴えられてないだろ?
これは素晴らしい事だと思うぜ。
JASRACも僅かながら二次使用を黙認していると言う事だからだ。
(重ねて言うが俺はJASRAC嫌いだぞ、ツンデレじゃないぞw)

どっちかと言うと動画配信の功績を認めず、否定しかしないNEWS番組が問題だな。
あいつらはNET叩きをやれば視聴率が取れる事を知っているからな。
荒らしの多い動画みたいなもんだw
才能ある子供たちが、TVのせいで広い視野を奪われるのだけは防ぎたいものだ。

No title

>曲に関しても販促になるのだから、曲側も見逃せばいい。
>まあJASRACは権利者の事を考えて行動してる訳じゃないから、無理かなw

ニコニコ動画とYouTube、JASRACに著作権料支払いへ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/30/news065.html

ニコニコ内に関してはJASRAC問題は解決に向かってます。
JASRACってのは基本的に「金払えばお好きにどうぞ」という団体だから扱いやすい、という一面も持っています。
が、これでシロになるのはCD・ラジオ音源等を使わないものに限られるというのは有名な話で、なぜならボーカル・演奏者・レコード会社もJASRACとは違う著作権を持ってるからです。(要は他の権利者の許諾が必要)

つまり、MAD音源問題でJASRACを叩くのは間違いで、権利者か著作権法を叩いてください。

データが全然無いじゃん。殆ど憶測じゃないのか。消された動画をいちいち調べてるの?

JASRACの回し者氏へ

JASRACの回し者氏へ。真摯に訂正ありがとうございます。
著作権料支払いの動きは知っていましたが、まだ完全には解決していないものと思っていました。

しかしJASRACに支払いをしても、結局曲使用出来ないなら意味がありません。
JASRACが自分の所の利益を確保しただけです。
調べても良く分からないので、一つだけ質問してもよろしいでしょうか?

JASRAC(作詞・作曲者側)が解決された場合、演奏家やボーカルは個人で動く事はないでしょうから、問題はレコード会社に集中します。
例えばランティスがアーティストにも確認を取り動画使用を認めた場合、ランティスの曲は完全に合法化したと見て良いのでしょうか?
アニメ製作側は本編はともかく、ランティス曲を使用したMADを消す必要はなくなると考えて良いのでしょうか?

もし情報をお持ちでしたら、ハルヒ虎氏など他の方も回答を御願い致します。

(しかし結局レコード会社と交渉しなければならないなら、本当にJASRACは無駄ですねw)

No title

>>いは氏

上のリンク先には「協議中」ということしか書いていません。
まだ完璧には解決していないのでは?
結局どうなったのか私は知らないので、知っている方いたら教えてくださるとありがたいのですが……

まあ、ネットで散々叩かれているJASRACですが、実はその存在価値もすこしはあったりします。
お金を払わなくては楽曲が使えないということは、裏を返せばお金さえ払えばどんな曲でも使えるということですから。

ただし、
・使用料金が高すぎる。
・一度登録したら最後、著作者の意向にかかわらずJASRACが削除要請をだす。
・集めたお金を著作者に還元しない。
・ネット時代にもかかわらず、いまだに郵送で申し込まなければならない役人体質。
・「将来著作権を侵す可能性がある」という仮定論でのとりしまり。

といった利点を補ってもまだ有り余ってどうしようもない汚点が多々ありまして、
結局はユーザーに不利益を負わせているという状態になってしまっています。

現在日本ではJASRACへの支払いはみかじめ料のようなものになってしまっています。
まさに著作権ヤクザですよ?

蒸発した名無し氏へ

蒸発した名無し氏へ。情報ありがとうございます。
皆様の様にアニメの事を考えて下さる人達がいる事が、素直に嬉しいですね。

しかし音楽も無料でダウンロードする者が後を絶たない一方、売上をきちんと上げるアーティストもいる。
特にMAD使用が尋常じゃない「京アニ」や「水樹奈々」のCDが、アレだけの売上を叩き出す現状は、今後のCD販売形態を暗示している様にも見えます。

アニメも質が良ければ売れる、市場も広がる。
音楽業界も良い曲ならば売れる、市場も広がる。
そして宣伝活動に成功した者こそが、その利益を享受する。

今後のアニメ業界が拡大して行くには、アニメに否定的な一般のTV視聴者層を、いかに取り込むかが重要な気がしますね。
良い作品さえ作ればネットでは、MAD等で勝手に宣伝してくれるのですからw

それに国外での売上を本気で考える時期に来ていると思います。
MADは世界中の人が見ています。これを利用しない手はありません。
私は業界人ではありませんが、業界の更なる発展を願って止みません。

本当に情報ありがとうございました。

No title

JASRACとの協議はSP1発表会でも触れていましたが、完全に解決とはまだ行っていません。
ただ万が一決裂すればドワンゴ株大暴落+ニコニコ閉鎖が目に見えてるいるのでまとまるでしょう。
またJASRAC側も日本最大の動画サイトに対するビジネスチャンスでもあります。

>例えばランティスがアーティストにも確認を取り動画使用を認めた場合、ランティスの曲は完全に合法化したと見て良いのでしょうか?

結論から言えば、合法だと思います。ただし、そのようなアナウンスはかなり難しいです。

基本的にレコード会社との契約は、各レコード会社に音源使用の許可を取り、日本レコード協会と契約をむすべば良いようです。
但し、ランティスは日本レコード協会に加盟してませんので個別の契約となります。
http://www.riaj.or.jp/about/list.html

また、実演家(アーティスト等)の著作隣接権もクリアしなければなりません。
http://www.cpra.jp/index.html(実演家著作隣接権センター)
http://www.jame.or.jp/(日本音楽事業者協会)

これにもランティス所属のアーティストが加盟してない様なので、アーティストに直接確認が必要かもしれません。(ランティスが一括管理してると思いますが)

ここまでクリアすればアイマスMADあたりはかなり白くなりそうです。といってもJASRACと違ってお金だけで解決できる相手ではありませんが。
組曲や音MADは同一性保持権が絡んできますので、これは各々の作曲者・アーティストへのアプローチが必要になります。(ここが一番のネックです、自分の曲がどういう改変をされても認めるということになりますので)

あと、ランティスの著作権に関するページ。
http://www.lantis.jp/rule/copyright.html

ちなみにJAM Projectの曲のいくつかでリミックスするという企画がありましたね。
http://www.cho-animelo.com/contents/jam/?cp_webto=nico_tag

蛇足

ここまで全て音源関係の話でしたが、(特に実写の)映像関係はこの10倍くらい面倒です。
何しろ曲は二次使用が当たり前ですが、映像はそうではありませんからね。
更に二次・三次創作までとなると・・・

>しかし結局レコード会社と交渉しなければならないなら、本当にJASRACは無駄ですねw

JASRACの守備範囲でないという話なんですがね。ちゃんと著作隣接権を管理する団体もありますし。
そもそも素人映像作品がここまで発展するなんてyoutube以降の流れでして、著作権の歴史から考えるとつい最近の出来事なんです。

No title

>># JASRACの回し者さん

なるほど、まだ解決してなかったんですね。情報ありがとうございます。

合法に関しては、レコード会社のこれからに期待というわけですね。
レコード会社が一括で管理してくれればわざわざ個別に対応する手間も省けるよなぁ…と。

どちらにせよ、企業にとってはビジネスチャンスであることは間違いないと思います。
利害関係がきちんとした場合、いがいと早い段階で実現するかもしれません。

話は変わりますが、
日本には暗黙の了解というものがあります。
例えば、同人誌。
これはどう見ても出版社が訴えればなくなってしまう商品です。
しかし、これは元はといえば、その作品のファンが作り出したもの、それを処罰するのはどうなのか?
企業もその点はわきまえていて、認知はしているのだけれども訴えていないという場合が今の日本には多々あります。
ユーザーもユーザーで一線を越えないように気を使い、企業から文句が来た場合はすぐに販売中止などの行動を起こします。
そんな暗黙の了解が出来ています。

この関係って日本だけの物らしいですね。

例えば海外ですと、何をするにも契約が必要となる。
なにかあるとすぐに裁判です。
例えばミッ○ーマウスなんかが良い例ですよね。
対して日本は二次創作を会場で売りさばいても一線を越えない限り文句を言われない。
海外の漫画文化は製作者が作ったものを受け取る文化です。
対して日本の文化は自分達も一緒に参加できる。そんな文化です。
結果日本と海外の漫画文化、今世界で支持されているものはどちらかといえば、わかりますよね。
(まあ、原因はそれだけではないと思いますが)

そしてこの二つの間には成文法というものが存在しない。
あくまで訴える訴えないは企業の判断です。
「法律」は万能ではありません。
どうやっても例外は出てきてしまいます。
そのアバウトなところを、日本は「暗黙の了解」ということで長くやってきました。

その関係をMADや歌ってみた系の動画と権利者の間に置き換えることはできないのでしょうか?

ユーザーも企業もお互いの暗黙の了解のうち成り立つ関係。
その関係が構築できれば堅苦しいルールに縛られなくてもいいのですがね…

No title

MADに使われる曲は?
ニコニコからダウンロードしてmp3を抜き出しプレーヤーに入れる
これがあたりまえのようにされている現実
どう思う?

違法云々はと言うけれど
あなたの言う事は盗人猛々しい、これに尽きる
貴方の動画をマイリストに入れている人間は
ニコニコのアニメが消される事が一番嫌だと思っている人間が大半だと思うのだけどどうだろう

No title

問題はMADと本編(と曲)との境界線だわ
本編垂れ流してOP弄っただけでMADとか言われて合法化されたらやってられん罠

No title

>しかし、これは元はといえば、その作品のファンが作り出したもの、それを処罰するのはどうなのか?
>企業もその点はわきまえていて、認知はしているのだけれども訴えていないという場合が今の日本には多々あります。

わかってると思いますがそんな奇麗事だけじゃなですよ。
同人業界にはマンガ・アニメ業界への人材供給やマンガ・アニメ・ゲーム自体の宣伝、コミケでの高い限定品の販売で利益になっています。
やはり、そこにはしっかりビジネスがついてまわるわけです。
曲・映像関係も同じで、権利者がニコニコやうp主を訴えないのは、そこにビジネスチャンスがあるかもしれないからなんです。
それで黙認する企業も現れてるという点では同人業界と似てきてはいますね。
また、マンガは出版業界ですが、映像は権利が超複雑なので権利者も勝手に黙認するとどっかにキレられる(例えば芸能プロダクションとか脚本家とか)のもありますね。
まあ、民度という点では同人業界の足元にも及びませんがね。CD丸上げが堂々とランキングに上がっている事実。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2783630

むしろ、ニコニコがパートナー企業や著作権管理団体と契約してMAD素材を徐々に増やす方が現実的と思います。JASRACやペンギン娘がその第一歩じゃないでしょうか。

No title

違法アップローどは推奨していないそうですが、これは?

127 名前:ハルヒ虎 ◆D2/VjVYtiQ [] 投稿日:2008/03/25(火) 14:52:23 ID:JRgzvXsC0
>>120
>でも、ニコ動でアニメを見ることがその解決に繋がるのかな?
中間搾取がなくなります。製作者側の取り分が増えます。
>違法うpが地方格差を是正する方法になるかな?
客観的に見て、なるでしょう。そもそも違法うpを容認するような姿勢は
私はとってません。
テレビ放送よりは、ニコニコ配信の方が、製作者の利益になりますよ
と言っているので


895 名前:ハルヒ虎 ◆D2/VjVYtiQ [] 投稿日:2008/03/25(火) 20:39:28 ID:JRgzvXsC0
>>882
それであれば、ニコニコに見られることを前提に作っているアニメは
なんなのでしょうか?
バンブーのあんこ入りコロッケもそうですし
らき☆すたなんてもろそうですし
みなみけ おかわりでもそういう話がありましたね。

それと先ほども言ったように、ただでアニメを見る=悪、と論じるのは無理がありますよ。

No title

皆様情報ありがとうございます。
しかし改変の程度を規定できる訳もないですし、調べれば調べるほど完全解決は無理そうですねw

現在の状況は一部黙認に近いと思います。
MAD製作者も高レベルな作品がなければ時間とリスクを掛けてMAD製作なんてしませんし、2次創作される事を誇りに思ってる権利者も居ると思うんですけど…

業界とユーザーが共に発展して行く事を願います。
いがみ合ったり、目先の利益に捉われたり、利益を阻害する古い法に踊らされたりだけは勘弁して欲しいものですw

いよ様

http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMITba000027032008
我々がこんなところで時間をつぶしている間に、いつの間にかyoutubeがニコニコの一歩先を行ってしまったようです。

youtubeはコメントつけられないから、ニコニコでもこのサービスをしてくれたらいいのですが…

蒸発したナナシSP1 氏へ

youtube先に行きましたか。タイムリーな事ですw
ニコニコの方針は権利問題に関して「Tubeを先に行かせて後を追え!」ですので良いニュースともいえますねw
完全フリーは当分ありえないとも思いますが、事態が規制の方向でなく、きちんと動いていてくれるのは心強いです。
情報ありがとうございました。

No title

あんたの言っている事は食い逃げをしておきながら
グダグダといった後に「食い逃げは違法かもしれませんが」とか
のたまっているに過ぎないぞ。

No title

>あんたの言っている事は食い逃げをしておきながら
グダグダといった後に「食い逃げは違法かもしれませんが」とか
のたまっているに過ぎないぞ。

頭の悪い発言やめろ。
このページをどう見たら、何かを主張しているように見えるんだ?
明らかに客観的効果を述べているだけ。反論をするとしたら、客観的効果に対する
反論じゃないとおかしいんだよ。
日本語勉強しろ

No title

全然論理的じゃない

勝ち組は少数派という論理で、MAD容認の売れてるアニメのみを論じることの意味がわからん
勝ち組である売れてるアニメのうちMAD容認率を出すっていうんならわかるけどね

MAD容認だけど実際MADが作られるほど興味をもたれてない作品も多そう
MAD容認のものが全部売れるとは限らないって意味で勝ち組は少数派と前書きしたんだろうけど
そうなると結局良いものが売れるってことにしかならないのでは?
少なくとも俺がハルヒやらきすた見たのはMADを見たからではない

No title

>MAD容認のものが全部売れるとは限らないって意味で勝ち組は少数派と前書きしたんだろうけど
そうなると結局良いものが売れるってことにしかならないのでは?

じゃあ、あなたは、MADを見てそのアニメに興味を持つ人がいないというんですね?
ニコニコ内にらきすたMADが大量にあることが広告効果になってないと言うんですね?
さすがにそれはないのでは?

>少なくとも俺がハルヒやらきすた見たのはMADを見たからではない

誰もあなたのことは聞いてないでしょう。
MADによる広告効果は成功要因の一つに過ぎないと書いてあるでしょう。

>勝ち組である売れてるアニメのうちMAD容認率を出すっていうんならわかるけどね

深夜アニメで売れているアニメは、らきすたとハルヒでかなり上位を占めてるのは
周知の事実。
その2つがMAD容認派なんだから、現時点では容認派が強い、という論理には納得できる。
であれば、ブログにあるように、削除組みが容認派を支援してしまっている事実は
否定できないでしょう。

それにいいものが売れるっていうのは当然前提にあるだろうし、MAD容認戦略は
角川も意図的にしていたことなんだから、MADが何もプラスになっていないのなら
ハルヒの次の作品、らきすたでは方向転換してたんじゃないでしょうか?
この辺は特に言うまでもないと思いますが・・・
MAD容認戦略がプラスになる。マイナスにはならない。ということは、もはや前提で
話を進めてもいい時代だと思いますけどね。

No title

補足

別に売上げ上位作品がMAD削除組だったとしても、MADがマイナスになっているという
証明にはなりませんよ。
もっとも売れてる作品がMAD容認派でなくても、このブログで言っていることは成り立ちます。
ようするに、MADによる広告効果があることさえわかれば、MAD広告市場という位置づけで見た場合に、そこでのプラスの広告効果の競争では、容認派が強いことになりますからね。
結果としてたいして売れないとしても、MADによるプラスの効果さえあれば、削除組が
そのプラスの効果を支援した、という事実自体は認めざるを得ないでしょう。
であれば、削除すればするほど売れなくなる、というのは、上位作品の削除組にでさえ言えるということです。当然、そういう作品でもすごい面白ければ容認派以上に売れるのも当然です。
難癖付けて批判するのはよくないのでは?

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。