スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反論について②-PC持ってない人は?


   <<テレビ局支配からのアニメ開放 TOP>>
        ↑↑TOPに目次と各章へのリンク有り

パソコン持って無い人もいるじゃないか。そういう人から機会を奪うことになるのでは? 
という人が多かったですね。
子供達がアニメに触れる機会が減れば将来のアニメ衰退に繋がるという意見もありました。

今問題になっているのは、地方の人はゴールデンのアニメ以外は、いきなりお金を出すか、違法アップされたもので見るかしか選択肢がないことにあります。
(一部無料合法配信もあるでしょうが)
私は何もすべての深夜アニメをネット配信のみにしろとは言っていませんし、そもそもゴールデンのものに関してはテレビ放送を止めろとは一言も言っていません。

仮にPCを持っていなくても、もともと地方の人は見れなかったのですからマイナスはありません。
メリットも無いように見えますが、「引っ越せ」「気になるアニメは内容分からずともいちいちDVD買え」という横暴な意見よりは、PCを一度買う方がハードルが低いのです。
ネットでアニメが無料配信される時代になってくればなおさらです。アニメ好きならPC持つ、という概念が成り立つようになるからです。
引っ越せ、よりも全然現実的ではないでしょうか。

そして、もともとPC持っている地方民にとっては、言うまでも無くメリットになります。

確かにその分、都会のPCを持っていない人たちの選択肢が減ります。
しかし、都会にはテレビで見ていたけどPCも持っている人もたくさんいること、多数の地方民のメリットもあること、などを考えるとネット配信を始めることは不公平感の是正に繋がります。
テレビでアニメを見ていた、又は録画をしていた都会の人達が圧倒的に恵まれていたわけですから、その選択肢の一部が地方でも視聴可能なネット配信になる、ということです。

もしここで、”地方民は何も見れなくて当たり前、都会ではテレビで何でも見れて当たり前”と本気で思っているのなら、その横暴な考えには反対せざるを得ません。
選択肢の一部を地方民にも分け与える手段になる、と言っているに過ぎないわけですから。
「アニメをただで見たいだけの地方民乙。いきなりDVD買え」という意見が結構支持されてしまっているようなので、このような意見を言う人は、都会のPC持ってない人に対しても同じことを言えばいいのではないでしょうか。
そもそも、一部アニメをネット配信のみにしたところで、なお都会のテレビで見れるアニメはたくさんあるわけですから、PCない層の切捨てになることはありません。
地方のPCない層は、先ほど言っているように、もともと見れてないので切り捨ても何もありません。
私の言っていることは、PC持ってない人に理不尽な不利益をもたらすものではないのです。
地方の理不尽なまでの不自由さこそ改善すべきでしょう。


ここで、『それならテレビ放送を止める必要はないじゃないか』と思う人もいるでしょう。
確かに視聴者側の視点だけで考えればその通りです。両方やった方がいいに決まってます。
ただ、この動画で主題としていることはあくまで、制作者にも利益を、ということです。そのためには中間搾取を無くすのがもっとも効率がいいのです。

テレビ放送せずにネット配信のみにするのには、他にもメリットがあります。
それは、制作者側の交渉力の増大です。というか、全部動画・ブログに書いてあることなんですが……
今まで、言い値で支払うような関係にある理由として、選択肢の狭さがあります。テレビ局に依存せざるをえなかったことです。
もし、ネットのみでもビジネスとして成り立つ例が多数出てくれば、何もテレビに依存する必要が無くなります。
(涼宮ハルヒの憂鬱のアメリカでの成功のような例が日本でも出れば)
『深夜の癖に放送枠そんなに高いの? じゃあ、ネットにしようかな……』
という交渉が出来るようになるわけです。
通常の競争原理はこのように、他の選択肢があることで、自己に有利な条件を引き出しているわけですから、アニメ業界もテレビ依存症を脱するべきなのです。
(広告代理店が主導してるケースも減らすべき)
そのためには、先ほど言ったように、ネットのみでの成功例を多数作る必要があるのです。

動画・ブログにも書いてあるのですが、私はテレビと100%手を切れと言っているわけではありません。選択肢を広げるべきと言っているだけです。
選択肢が広がれば、テレビ局に有利な条件ばかりの現状が改善されるのです。

ネット配信のみという新しいビジネスのリスクばかりを挙げる人が多かったですが、それ以上にテレビ放送に依存せざるを得ない現状こそがリスクなのです。
その結果が今の悲惨な労働環境なのではないでしょうか。
人は誰しも現状をスタンダードと考えがちです。
新しいことこそがリスクと考えやすいです。
しかし、本当にそうでしょうか。テレビ依存というリスクを常に負ってきた結果、悲惨な現状を招いたとは思いませんか?


また、動画ではたくさんの人が見るため敢えて具体的には言いませんでしたが、海外動画サイトへのユーザーの流出を防げるという狙いもあります。
海外の某動画サイトではほとんどのアニメが全話見れる状態になっており、ニコニコ同様簡単にダウンロードできます。(ツール>インターネットオプションから)

一話あたり100M程度の品質で上がっているため、ここで落とした人がDVDを買わなくなる可能性は当然ニコニコより高いわけです。
これをニコニコ配信のみにすると、録画からの流出が防げるため、たとえ転載されても40M程度の品質になるわけです。
また、今のように削除が早くニコニコ内でアニメが見にくい状況が続くと、この動画サイトの存在が有名になる可能性が高くなり、海外サイトへのユーザーの流出が起こります。こうなると手が付けられません。
(動画でも簡単に触れてることです)
今まで見れてたものが見れなくなったなら、次に見れる場所を探し出す人が増えますので……。

ネットでのアニメ視聴者の大多数はニコニコユーザーである以上、この人たちにはなんとしても手綱の握れる国内サイトで満足してもらうのが、権利者の利益に繋がるのではないでしょうか。

反論について①
反論について③-ニコニコじゃなくてもいいのでは?
白か黒かでしか考えられない……

スポンサーサイト

Comment

No title

なるほど(´ー`)~♪説明乙ありがとう。

選択肢を広げるべき・・・というのは確かにそうだなと思いました。
いろいろ見て考えを改められました。参考になりました。
エールを送ります。これからも頑張ってください。

No title

まったく管理人さんの言うとおりだね。
ニコ動では即削除のアニメでも、ちょいとyoutubeにでもいけば簡単に見られる。
ニコ動だけ消して何のメリットがあるのか疑問。
消すなら何としてでも全ての違法うpを潰すべき。
どうせなら動画のすぐ下にアフィがあって、商品購入する可能性のあるニコ動を残す方がいいと思うけどね。

No title

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/10/news085.html
まずはこの2作品の商業的な成功を祈ってます

No title

アニメDVDが売れない原因は、価格が高すぎることもあると思う。
ニコニコ配信でコスト削減できるなら、パッケージの価格を是非ゲーム並に下げてほしい。
新作アニメ2クールで8,800円、1クールで4,800円くらいなら買いたくなる。
Blu-ray1枚にコンパクトに収まっているとGOODだ。
で、しばらくしたら廉価なベスト版を発売する。
これなら更にほしいぞ。

No title

1クール4800円ならほんとにすごい売れそうだな。
でもそんなに安くなるのは夢物語かな・・・
ブルーレイの使い方は今後注目だな。

No title

皆様の言う通りだと思います。
特にTubeよりニコ動を残す方が宣伝が出来て権利者にも得だと私も思うのですが、ニコ動は権利者による削除を勧めてますね……
権利者に削除ツールを委ねたのは、ひょっとしたら失敗だったのではないでしょうか?
権利者に負担を掛け顰蹙を買い、腹癒せに消されまくっているのだとしたら目も当てられません。
Tubeはどうしてるんでしょうね?

あと、製作者利益の為には中間搾取を無くすのが最も効率がいいと言う件だけは反対かな……
最も効率がいいのは市場拡大ですよね。
ネット無料配信による地方の開拓、それと海外への市場拡大が重要戦略だと私は思います。

No title

アニメDVDの売り方を更に考えてみた。
アニメDVDを売るためには、画質や音質はもちろんだけど、それ以上に付加価値を高めるのが必要不可欠だと思う。
そこで、せっかくニコニコで配信するのだから、アニメDVDもニコニコでの積極展開を図ると面白いんじゃないか。
一枚のBlu-rayにアニメ1~2クールを納めた上で、簡単にMADを作成してニコニコにアップできる機能をつけるというのはどうだろう。
カットはもちろん、台詞や音楽・効果音・字幕を自由に編集。
こんなのがPCやPS3用としてゲーム並の価格で販売していたら
ほしくなるぞ。

No title

アレ?よく考えてみたらコレ、普通にゲームのビジネスモデルだな。
ってことで、どこかの大手パブリッシャーがこういうのやってくれないだろうか。
世界展開を睨めば利益出るんじゃないだろうか。

No title

MAD作る人は少数派だから、その人たちのためだけに付加価値付けて商品価格
上げちゃったら理解得られないと思う。

No title

いはさんへ

いやいや、現存するアニメーターへ金を回そうと思ったら中間搾取を減らすのが最もいいでしょう。
というのも、市場拡大というのは、商品数の拡大と比例すれば、一人一人に行き渡るお金は変わらないからです。
仮に顧客層自体を広げるにしても、自然増ならいいですが、戦略的に増やすなら広告費やらお金がかかってきます。コストを増やしながら売上げも増やすというのは、現状には合わないのでは? もうすこしスリム化しないことには、今働いている人達が報われません。
なので、労働環境改善を考えた場合、搾取を減らす対策は絶対必要ですよ。

それに、海外戦略はすでにやってますからね。ここから急拡大は難しいでしょう。
しかし、搾取を減らすのはやろうと思えば一気に減ります。下請けでも著作権を持ちやすくなります。

コメありがとうございます

んーと、戦略的に市場広げるのに、無料動画はお金が掛からないから有益なのではないかなと思ったのです。

私はアニメの海外戦略は、非常に遅れていると思っています。
セラムンやポケモン、キャプツバやDB等が、せっかく世界中に土台を築いてくれているのに、各国で販売されるアニメはまだまだ少ないと思います。

ニコ動MADの再生数を見ると、海外での再生数が日本の再生数を上回るものすらあります。
上手く市場を開拓できれば、DVDの売上も2倍にならないでしょうか?(無理かなw)

まず出来る事なら、殆ど全てのアニメを英語に吹き替えて販売して欲しい。
そして吹き替え版を販売する時には、大幅な値下げも必要ですね。

TVとネットを同時放送し、1ヵ月後には国内版DVDを限定グッズ付きで発売。
1年後には英語吹き替え字幕付で低価格DVDの販売(ゲームの低価格版みたいですね、これで地方民も買い易くなります)
そして同時にブルーレイも限定グッズ付きで発売です。
宣伝はTubeやニコ動の動画に組み込みます。
Tubeにはネット販売のバナーも付けて貰いましょう。

こんなビジネスモデルはいかがでしょうか?

もちろん売上が製作者に大きく跳ね返るシステムが必要不可欠です。
契約時に売上マージンの比率を上げる必要があると思います。

もちろん中間搾取も減らしたいのですが……
「NET配信の方が安いからTV局はもっと値下げしろ!!」
と言ったら
「じゃあアニメ放送はいりません、お笑いやった方が視聴率稼げるし」
って言われそうな気がするのですよw

ネット配信をしても、それがアニメだけだったら中間搾取を減らせない可能性もあると思うのです。
そしてアニメだけがネット配信になってしまったら、日本のアニメ市場が縮小しそうで怖いのです。

それとネット放映のみにすれば40Mクラスの画質しか維持できないから、DVD売上上昇になると言うのも効果が薄い気がします。
DVDは所詮嗜好品です、貧乏人や興味の薄い人間は買いません。
やはり購入意欲の上昇、高所得者の開拓こそが必要かと思うのです。

ダメでしょうか?(弱気w)

No title

以前は海外で売られているアニメは日本に比べてすごく安いという話を聞いたんですがいまはどうなっているんですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。