スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに動いた、民主党! 民主・公明連立に向けて……


私が作った動画『創価学会から日本奪還!』を見ていただいた人はご存知の通り、民主・公明連立は『考えすぎ』でも『妄想』でもない、と私は主張してきました。
これこそが創価学会の総体革命なのではないか、とすら思います。

次の記事を見てください。

民主党:公明との連立も 次期衆院選後の枠組み 毎日jp(毎日新聞)

民主党の赤松広隆選対委員長は08年5月19日に、次のように発言。

「自民党が政権を失えば公明党はくっついている必要はない。(政権交代の)1、2年後に、民主などと連立するのも選択肢の一つだ」

毎日新聞の上記記事より引用

まだ可能性を示唆するに留めていますが、後を見据えてジャブを入れてきたと考えていいでしょう。
これは、とんでもないことですよ。
ゆっくりと、それでいて着実に、中国による日本支配が実現しようとしているのです。
このわずかな動きからも、危機感をしっかりと感じ取れなければ、気付いた頃にはもう遅いのです。


それにしても、もっと奇襲的に攻めてくるかと思っていたのですが、意外と早い段階から布石を打ってくるようです。
ただ、逆に考えれば、民・公連立の可能性を国民に広く認識してもらった方が、選挙では有利な気がしますね。
後は、解散前に麻生総理にして支持率を回復できさえすれば……

ちなみに、自民党内にも売国奴は結構いるので投票の際は要注意。政党ばかり見てはいけません。


祖父・吉田茂は、私が幼い頃、よくこんなふうに語っていた。
「日本人のエネルギーはとてつもないものだ。日本はこれから必ずよくな
る。日本はとてつもない国なのだ」----。

左側より引用


反日勢力に侵略される皇室


<<日本を守る動画 TOPページ>>

女系天皇では、天皇家は断絶する……
雅子妃が、大鳳会(外務省内の創価学会員の組織)の3人の同僚と密会……
雅子妃の父、小和田恒氏は、外務官僚時代に池田大作名誉会長の外遊に際し、特別便宜を図っていた……
風岡 宮内庁次長は、国土交通省出身で、創価学会員(08年3月時点)……


私も、女系天皇容認への軽いノリをマスコミを通して見ていた時は、そんな複雑なことなんて考えてもいませんでした。
しかし、創価学会の影響力が特に強い外務省から、多く出向者を受け入れている宮内庁の実態を考えると、何か思惑があるのでは、と考えざるを得ません。
動画では、本当に軽くしか触れてないので、他にも色々調べていく必要があるでしょう。
 

日教組徹底研究


<<日本を守る動画 TOPページ>>

反戦・平和。教え子達を二度と戦場へ送らない。子供の人権保護。
このように主張し、国旗・国家や愛国心を否定し、反日教育を進めようとする日教組。
私は日教組に問いたい。愛国心=戦争なのでしょうか? ゆとり教育=豊かな人間性なのでしょうか?
極左・革マル派や部落解放同盟、そして朝鮮学校なども加勢している日教組の現状を一体どれだけの人が知っているのでしょう。
教育崩壊は、国の崩壊に繋がります。是非知ってください。
 
この動画の続き(YouTubeへ)

評価が☆3.5ですが、高評価と低評価が真っ二つです。理由は言うまでもないですね。
レビューにも、日教組先生の支離滅裂さが少し書いてありますが、もっと詳しく知るべきでしょう。

安倍政権の教育改革で日教組の影響力は弱まったかに見えましたが、前回紹介した動画によると、参議院で民主党が議席を増やしたことで、また力をつけ始めたようです。
安倍元総理や中川昭一氏のような、日本人寄りの議員は猛烈に抗議されるのに、反日的な議員に猛抗議するのは、極一部だけ……
これは、もの言わぬ日本人が非常に多いことを示しているのです。
マスコミに頼らず、自ら情報収集をしないと、安倍政権を支持できなかった日本人の過ちを、再び繰り返してしまうのではないでしょうか。
※ちなみに、今日の日経新聞でも民主党の支持率の方が高かったです。

民主党の人事権は日教組


<<日本を守る動画 TOPページ>>

歴史と文化を破壊し、国家解体が目的。
反基地、反自衛隊、反安保。そして、天皇否定。
学校行きなくないなら行かなくてもいい『子供の権利条約』。
性差否定。子供は施設で育てるべきで、家庭で育てるべきではない。


少しレビューを読んだだけでも教育崩壊の実態が垣間見えます。
もっと深く調べていけば、恐ろしささえも感じるでしょう。

私は日教組についても非常に危機感を持っていて、これからどんどん日教組関連の動画を紹介していきたいと思います。
日教組、在日、創価学会、マスコミなどなど。シロアリの如く内側から日本を蝕む反日勢力について、日本人はもっと知るべきです。

報道すらされなかった、インドでの安倍総理大演説


<<日本を守る動画 TOPページ>>

この演説を知っている人は、一体何人くらいいるのでしょうか?
一国の首相が、今後の国家戦略を左右するような演説をしたというのに、まともに報道すらされない。
中国支配を免れるための策としても、とても評価できる演説と思います。だからこそ、報道されないし、安倍政権は潰されたのです。


演説内容は、外務省HPでも読めます。←こちら
安倍総理のインド訪問概要←こちらも外務省HP
スピーチ終了後は聴衆が総立ちとなるスタンディングオベーション


左側の本のレビューがとんでもないことに……
内容の良し悪しは別としても、明らかな悪意の元に書かれているレビューが多数見受けられ、しかもそれに対し『参考になったレビュー』とした人が多数います。
しかし、右側の本のレビューは高評価ですね。

『美しい国へ』のレビューを見てもわかるように、安倍元総理にはとんでもない圧力が掛かっているようです。
安倍、中川氏への抗議電話は朝鮮総連の指令(産経新聞の引用記事)
安倍晋三氏、中川昭一氏など、日本人寄りの政治家には、各方面からものすごいプレッシャーが掛かるのでしょう。日本の政治なのに、おかしな話です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。